京都市左京区のドッグサロン APPLE&DRAGON

京都市左京区のドッグサロン APPLE&DRAGON

news

APPLE&DRAGON > NEWS > 店長ブログ 第三弾

店長ブログ 第三弾

第三弾は九死に一生とまではいかないものもありますが書いていきます!

怖い話が苦手な場合は読むのをお勧めしないです!

●小学二年に二階の高さの滑り台

この日は今も鮮明に覚えています!男子と2人で2階ほどの高さで大きな遊具の滑り台の一番上から3人で滑ろうとしたときに私だけ腰から砂の地面に落ちました。頭は打っていないけれど痛すぎて動けませんでした!担任の先生におんぶしてもらい保健室で休んでいました。母に電話をしてもらいましたが自分で帰ってきてとのことで痛かったですがなんとか歩いて帰りました。母は私を見るなりこれくらいだったら、寝たらそのうち治る!と言われ本当に数日で治りました!私は三人兄弟の末っ子なので母は兄と姉の経験でなんとなくわかったのかもしれません!

●小学三年の時にバイクがつっこむ

この日は午前で授業が終わり、歩道を歩いて帰っていると後ろから「カンッ」と音がなり、なんとなく振り返ると私の約20m後ろで大型バイクを乗ろうとしてバランスを崩した男性が車にぶつかった音でした。そのはずみでバイクがこちらに向かって突っ込んできました!私の逃げ足が早かったのもあり間一髪で走って避けました。突っ込んだ場所を見ると壁がへこんでいました。それをたまたま見ていた近所のおじさんが「大丈夫?危なかったなー!」と言いながら、とても驚いていました。

●18歳 痴漢に会って・・・

この日は学校に遅れていったので一人で登校していました。通学路には人通りの少ないところがあり、近道なのでいつもそこを通っていました。歩いていると後ろから誰かに抱きつかれました!日ごろからいろんな友達からのスキンシップが多く、抱きつかれることが多かったせいかてっきり友達かと思い、「おはよう!」と振り返るとフードを被った男の人でした。この時、私は柔道を半年程習って辞めたところでした。受け身全般と技を一つしか出来ませんがもともと私は普通の女子より力が強く柔道してからさらに力強くなっていて、いとも簡単に振りほどくことができましたが、痴漢した人も「えっ・・!?」となっていて、私は一瞬あっけにとられましたが痴漢した人が逃げ出すと怒りがこみあげてきて履いていた靴を片方脱いで気づいたら痴漢した人に投げつけていました。痴漢した人はそのまま逃走していきました。投げた靴は横に流れている細い小川にコロコロと転がって水浸しになり、小川に取りに行って濡れた靴を履いたまま怒りと足が冷たいのとで半べそかきながら、歩いて後ろを見ると濡れた靴の足跡がずっと続いてました。それを見て思わず何故か笑ってしまいました。学校へ着いた時には半分くらい開き直っていました!先生に痴漢がいたことを話し、その日はそのまま普通に学校生活を送りました。友達等に事情を話すと涙を流しながら笑っていて、気づいたら私の中ではすでに笑い話になっていました!

●20歳 川下りの船に乗り落石を逃れる

川下りの船に乗り高校の友達等と昼ご飯を食べながら景色をながめのんびりとその日は過ごしていました。翌日のニュースで昨日乗った船に落石で大きな石が直撃したという事故があり怪我した人が多数いたとのことでした。一日ずれていたらと思うとゾッとしました。

この後に3つ細かくありますが書くか迷ったのですが、やめておきます。

●22歳 バイクの故障で事故

姉のずっと使ってなかった原付バイクを乗って近くのスーパーへ。帰りにバイクに乗ると急発進をして、止まっていた車の助手席に頭から突っ込んでしましました。そのはずみで他の車のミラーにもバイクが直撃し、体があちこち痛いのとショックで呆然としているとそのスーパーに勤めていた兄の友達とその仲間に助けられ車の方の対応をしてもらいバイクを押して家に帰りました。家には誰もおらずこのままじゃ自分の体が危ないと思い若干パニックになっていたのか早く病院に行かないとと思い何故か首腰足の痛みに耐えながら自転車で大きい病院に行きました。体をひきずって受付に行き事情を話すととてもびっくりされ救急に案内され、すぐに診察していただきレントゲンやいろんな機械で検査をしました。結果は両ひざと両肘の大きな打撲で他は大丈夫でした。後日、兄の友達に私の骨が折れてないことにとても驚いていました。この事故の何年後かに人間ドックに行く機会があり骨密度検査で私は骨がとても丈夫だったことがわかりました!母の遺伝だと思います!

●29歳 車の運転で雪のスリップ

雪の日にスタッドレスタイヤをはいて車で通勤していました。右折をして橋を渡る最中に車からウインウインと警告音が鳴り響きハンドル操作もブレーキもきかず反対車線へ斜めに少しずつ車が滑り、反対からタクシーが向かってきたので、焦ることなく心の中で終わったなと思い冷静になっているとタクシーが目の前にせまってきたところで警告音が鳴りやみ間一髪でとっさにハンドルを少しきり、よけることができ、事故することなく目的地につきました。いろんな危機的状況にあうことが多いせいか至って自分が冷静なことに驚きました。

今回はこのへんで!しかし命に関わる運はいい方だと思っていますがその他の運はいまいちかもしてません。例えば、欲しいものが目の前で売り切れる。夜に水たまりの中にあったわんちゃんのうんこを踏む。コンビニの自動ドアにセンサーが反応してくれないことがたまにある。とまあこんな感じです!一緒にいた友人はよくミラクルが起こる私を見て楽しんでくれますが、私にとってはいつもの日常なのでよくわかりません。

pagetop